DESIGN THINKING

デザイン思考とは…
「観察•共感」「定義」「概念化」「試作」「テスト」という5段階のプロセスを踏み、アイディアを創出する思考法です。
ここでは、それぞれプロセスについて具体的に紹介しています。

1. 観察・共感(Empathize)

このプロセスでは、サービスやプロダクトの課題をユーザー視点でとらえ、根本的な解決策を探ります。そのための手法として、アンケートやインタビューを駆使した調査を実施します。

ユーザーの意見を単に鵜呑みにするのではなく、いかにユーザーの立場になりきって本音に近づけるかどうかが重要なポイントです。

2. 定義(Define)

「観察・共感」プロセスで得られた意見から、ユーザーのニーズや現状の課題を抽出し、”ユーザーが本当に求めていることは何か”という仮説を立てるプロセス。課題解決に向けての具体的な方向性を定めることが目的です。

3. 着想(Ideate)

「定義」で立てた仮説をもとに、課題解決に向けての「アイデア出し」を行うプロセス。ブレインストーミングなどの手法を用いて、たくさんのアイデアを出すことが重要です。ここで出たアイデアから1つのアイデアに絞り込む際、単に多く支持されたものを選ぶのではなく、アイデアにどのような意味があるかや、チームとして成し遂げたい目的に合っているかという視点を重視しましょう。

4. 試作(Prototype)

「着想」で固まったアイデアをもとに、サービスやプロダクトのプロトタイプを作るプロセス。できる限り低コスト・短期間でおこなうのがポイントです。ここで作るのはあくまでプロトタイプであり、完璧なクオリティが求められるわけではありません。

しかし、いくらプロトタイプとはいえ、ビジュアルデザインが魅力的でない製品はユーザーの支持を得にくいという点には注意が必要です。プロトタイプであっても視覚的な(ビジュアル)要素も重視した方が、機能・性能の使いやすさや有効性だけでなく本当にユーザーにフィットした製品であるかをテストで確認しやすくなります。

5. テスト(Test)

「試作」で作成したプロトタイプのユーザーテストを行い、ここまでの過程で見えてこなかった課題を洗い出すプロセス。しかし、テストを行ったら終わりではないので注意が必要。

このプロセスで得られたユーザーの反応をもとに、仮説が正しかったかを検証し、製品がユーザーのニーズに沿ったものになっているかを確認します。

「デザイン思考」では、一度形になったアイデアをそのままにせず、何度も改善や再考を重ねて、より良いサービスやプロダクトを追求していくことが重要です。