PROCESS

Giftlinkが提供するプロジェクト進行のステップを紹介します。

①市場理解・テーマ選定

テーマに関して幅広く情報を収集・整理します。

マクロ環境及び、業界環境の分析を行います。3C分析やデスクリサーチを行い、市場動向について様々な情報収集、分析をします。市場を理解し、プロジェクトの主軸となるテーマ選定を行います。
また、プロジェクトに関わる関係者と共通認識を持つためにワークショップを行う事もあります。

②気づき・共感

テーマ対象者の生活環境や行動を観察し、多くの気づきをインプットします。

通常マーケティングにおいて、リサーチとはターゲット顧客を象徴する人を調査対象としますが、私たちのベースとなるデザイン思考では特異な人を調査対象とします。あえて通常と異なるサービス利用者や、極端な嗜好がある人、市場を観察対象とすることで、マイノリティ分野から想像以上の気づきを得ることができます。

デザイン思考とは

③インサイト発見・アイデア出し

インプットした情報を基に、問題定義(インサイト)を行います。

プロジェクトの裏にある本当の問題、インサイトは何か。潜在的なニーズとウォンツを明瞭化し、ブレスト式に行うアイデアをワークショップを通じて考えていきます。

④ブラッシュアップ

拡がったアイデアを収束させ、対象者に確認し、フィードバックをもらいます。

大勢によって出されたアイデアから、1対1のインディビジュアルに落とし込んでヒアリングすることで、より具体的なコンセプトを創り出していきます。

⑤プロトタイプ作成

評価できる段階までプロトタイプを作成します。

ここでは完成度よりも早さを優先し、得られたフィードバックを基にコンセプトを評価します。

⑥検証

プロトタイプを評価し、検証します。

検証後、市場の受容性を把握するためであれば定量調査を行います。

※対象によるフィードバックと、アイデアブラッシュアップとコンセプトのブラッシュアップのサイクルは、それぞれのプロジェクトケースによって異なります。プロジェクト毎にステップが変化するため、絶対的な順序や正解はありません。